糖質制限の効果

糖質制限ダイエットを行なっての結果は個人差があります。
糖質制限を初めて1週間ほどでは、結果は出ないと言えます。この期間は代謝の切り替えが行なわれている期間なので体脂肪量の変化はほぼないものと考えましょう。
しかし、糖質を過剰に摂り過ぎていた人の場合ですと、1週間で数キロ体重が減少する場合もあります。
これは過剰な糖分によって蓄えられていた余分な水分が排出されたからにすぎず、体脂肪の減少からのものではありません。
人によっては誤解をしてしまい、1週間でダイエット効果を得られたと勘違いしてしまいがちです。
体脂肪率が減少していない限り、本質的に痩せたとは言えないのを理解しておきましょう。

糖質制限ダイエットを行なった際に、代謝効率の高い人ほどその効果をあまり得ることができないと言えます。
体重の減少が少ないといった人は安心しても良いでしょう。
それは元々痩せ体質な人には仕方のないことなのです。
痩せにくいと言っても一ヶ月での体重の現象が3%以下といった場合には糖質を摂取しすぎているか、カロリーを摂取しすぎている可能性があります。
そういった場合には食事内容の見直しをしてみましょう。

糖質制限ダイエットを行なう際に大事なのが、途中で辞めてしまわないことです。
一定期間糖質資源を頑張ったのにも関わらず、途中で投げ出してしまうといったことは避けたいです。
せっかく糖質制限を行なって、痩せやすい体質に切り替わったのに我慢できずに糖質を摂取してしまうと、今までの積み重ねが無駄になってしまったような気がしてしまいます。
無駄になったと思い辞めたくなるかもしれませんが、代謝が切り替わっていれば問題は無いのです。
次回の食事からまた気を使って行けば、そのまま痩せやすい体質を維持していく事ができます。
糖質制限ダイエットは長期的に行なっていくことでより高い効果を得ることができるのです。