食品選び

糖質制限ダイエットをより成功へと近づけるためには、食事の内容にも気をつけて行かなければなりません。
糖質制限ダイエットは摂取する食べ物に含まれている糖質を知る事が重要なポイントです。
一度の食事で摂取しても良い糖質の量は40グラムまでとします。
お椀半分の白米がおよそ27グラムの糖質が含まれているとされています。
このことから残りの13グラムはおかずから摂取すると良いのです。
麺類や白米、パンなどの主食や砂糖やジュース、チョコレートといった食品は糖質がとても高いと言えます。
反対にお肉や魚介類、乳製品は糖質が少ないため気をあまり使わずに食べることができます。
野菜もまた糖質が低く良い食材となりますが根菜類は糖質が多くなっているのであまり食べ過ぎないように気を付けましょう。
かぼちゃや、甘みを多く含むトマトなどの野菜も糖質が多いと言えるので摂取する際は気をつけると良いです。

糖質制限ダイエットを行なっている最中でも飲酒をしたいといった人も多いです。
そのような場合、お酒にも糖質の少ないものと、そうでないものが存在することを理解しておけば飲酒が可能となります。
特にお酒などの液体になると、身体に吸収されやすいので低炭水化物、低糖質のものを選ぶようにしなければなりません。
糖質の少ないお酒にはウイスキーや焼酎、ウォッカ、ジンといったものが代表的なものでしょう。
反対に糖質の多いお酒は梅酒や日本酒、ビールや発泡酒といったものです。
糖質制限をしていてもお酒を付き合いで飲まなければならない場合も多いです。そのような時のために、知識として覚えておくと良いです。