糖質制限の効果

糖質制限ダイエットの効果が現れるのは個人差があります。ですが、1週間やそこらでの体重減少だけではその効果は得ることができません。糖質制限ダイエットは長期的に行なって初めてその効果を実感できます。

詳しく読む

食品選び

糖質制限ダイエットをより効果的に行なうためには、食事のメニューに気を配ることがとても重要なポイントになります。糖質の多い食材、少ない食材を知ることでより効率良くダイエットができると言えます。

詳しく読む

注意点

糖質制限ダイエットを行なう際には、急激な糖質のカットを行なわないようにしましょう。急激に糖質をカットすることで身体には大きな負担が掛かるのです。適度に糖質を取ることが安全で効果的な方法なのです。

詳しく読む

糖質制限とは

白米やパンなどに含まれる糖質をカットすることで、お腹いっぱいに食事をしても痩せることができるといったものが糖質制限ダイエットです。
しかし、多くの人が実際にどれだけ糖質を抑えればよいのか分からず、本当に身体への負担はないのだろうかと言った不安を抱えています。
きちんとした知識をもって行えば糖質制限ダイエットはとても有効なダイエット方法だと言えます。
その原理や正しい知識を持つことが重要です。
お肉や魚などから取れるタンパク質、植物油やバター、マーガリンなどの脂質、白米やパンなどから取れる糖質といったように、栄養素には多くの種類があります。
糖質制限ダイエットはこの中の糖質の摂取を抑え、変わりにタンパク質や、脂質を好きなだけ食べることができるダイエット法なのです。

糖質制限を行うことによって痩せることができるのは、インスリンというホルモンの働きを抑制することがポイントです。
糖質は体内でブドウ糖となり、血液中に取り込まれていきます。
この時、血液中のブドウ糖が多すぎる状態になっているとインスリンが分泌されます。
インスリンの作用によって余分に増えすぎたブドウ糖は血液中から除去され、細胞に取り込まれていきます。
この取り込まれたブドウ糖は脂肪となり、皮下脂肪として蓄えられて行くのです。
反対にタンパク質や脂肪はインスリンが分泌されにくくなっており、体内に脂肪が蓄積しづらいのです。
加えてタンパク質を多く取ることは満腹中枢を刺激しやすく、すぐに満腹感を感じるのです。